ヤマニ屋物流サービス株式会社

安全への取り組み

安全に対する想い


安全 それは簡単なようで難しい、難しいようで簡単、先回りのない道を一歩一歩進むことが一番の近道であると思いま

  す。以前の重大事故を教訓に様々な取り組みを行っておりますが、その一環として安全マネジメントを本格導入し、

  ISO39001を認証取得致しました。私どもはプロドライバーとしてのあるべき振る舞いを行い、環境に、また地域に優しい運

  転を心掛けて参ります。

 

  「運転者は事故を起こさず、管理者は事故を起こさせない。」

 

  この基本に返り、意識を常に持ち続けることが安全への近道と信じて、取り組んで参る所存でございます。

具体的施設について


当社の安全活動は、ISO39001認証取得を機に作成した「RTS目標・詳細目標活動実施計画書」に沿って計画策定し、実施しています。 

※「RTS目標・詳細目標活動実施計画書」についてはコチラPDF


また、月例の「RTS・交通労働災害事故防止委員会」や社員教育会議などを行い、その中で危険予知トレーニング(通称KYT)などを通じて、社員の安全意識や安全運転技能の向上を常に図っています。


取り組み紹介


当社の安全に対する取り組みを一部紹介します。

安全講習会の開催


定期的に安全講習会を実施しています。車輌の基本的な知識や点検手順など、安全運行の為に全員参加で努めています。


RTS交通労働災害事故防止委員会


ドライバーの班長が主体となって当委員会が開催されています。事故撲滅を目指し、具体的な対策を策定した後に全社に周知します。


デジタルタコグラフの活用


日々の運行管理による活用の他、各員の危険運転を見抜き、それぞれの安全技術の向上に役立てています。

 


豊富な車載機の導入


バックアイカメラやサイドビューモニターなど、安全運転の補助となる車載機を豊富に導入しています。


管理者研修の開催


各管理者やドライバー班長を集めて、スキルアップ研修会を開催しています。また、管理者に限らずスキルの向上を目指したい者が積極的に受講できるようになっています。


ナスバネットの適時利用


NASVA様と契約を結び、ナスバネットによる一般適性診断を実施できる環境を整えております。適正診断及びその後のカウンセリングは自社の担当者が実施しています。


ドライブレコーダーを用いた安全指導


全車両にドライブレコーダーを導入しています。各自の運転映像による指導は勿論のこと、KYT(危険予知トレーニング)においても活用し、月例の社員教育にも役立てています。


Gマーク取得に向けて


群馬営業所がグループ全体に先んじてGマークを取得しました。今後はヤマニ屋グループ全体での取得を目指して努めてまいります。



運輸安全マネジメントについて


我が社の道路交通安全方針 (RTS方針)

 

 

Ⅰ 基本理念

  ヤマニ屋物流サービス株式会社は、貨物自動車運送事業の社会的責任と公共的使命を認識し、透明性の高いガバナン

  ス態勢の構築とリスク管理、ンプライアンスの実効性確保を事業展開の大前提として、持続的な成長を目指し、

  さまざまな取り組み、安全・安心で持続可能な社会の実現に努めます。

Ⅱ 基本方針

  1. 輸送の安全を確保するために、道路交通安全に関するRTS目標及び詳細目標を設定のうえ、具体的な改善策を策定

    し推進します。

  2. PDCAサイクルにより道路交通安全に関する改善策の有効性のチェックと改善を確実に展開します。

  3. 道路交通安全に関する法規制や社内外の安全に関する要求事項を順守します。

  4. 道路交通安全を継続的に取り組むために、取り組み体制、取り組みの仕組み及び手順を確立します。

  5. この道路交通安全方針を当社の従業員及びグループ会社・関係会社で働く人々のみならず、広く社会に公開し周知

    します。

管理規定 PDF

管理規定 PDF(111.2KB)


ページトップ

Copyright© ヤマニ屋物流サービス株式会社 All rights reserved.